Spontaブログ

薬屋さんが書くブログ

冬場は必見!洗髪のシャワーの適温は?

f:id:spontanist:20181029103920j:plain

毎日行っているシャンプーですが、その時のシャワーの温度も頭皮や髪の健康を保つために重要です。

 

最近肌寒い冬にはついついお湯の温度を高めに設定して頭を洗ってしまいがちですが、温度が高すぎると頭皮を傷めることもあります。

 

今回はシャワーの適温とその理由についてご説明致します。

【結論は38℃から40℃がお勧めです!】

 

 乾燥肌は熱いお湯NG

 

42℃以上の熱すぎるお湯は皮脂が流れ落ちやすくなります。

 

皮脂は汚れなんだから落ちても問題ないだろう、と感じるかもしれませんが、適切な量の皮脂がないと頭皮が乾燥して痒みやフケ、地肌の痛みを引き起こします。

 

勿論、日中に滞積する頭皮の皮脂は過剰であれば毛穴に詰まりを起しますが、頭皮を乾燥や細菌から守るには一定量の皮脂膜は必要。

 

また、皮脂を取り除きすぎると、肌が皮脂の薄い状態を危険と認知してしまい、皮脂を過剰分泌してしまうこともあります。

※過剰分泌が更に痒みや荒れを誘発します。

 

低すぎる温度は不衛生

 

逆に38℃以下の温度で洗うと、不要分の皮脂(汚れ・老廃物)を十分に洗い流すことが出来ません。


汚れや老廃物の滞積で起きる皮脂詰りは痒み・荒れに加えて薄毛や抜け毛の原因となりますので要注意です。

 

以上のことから、温度は38℃~40℃程度のちょっとだけぬるいかな・・と感じるくらいの温度が洗髪の適温です。

 

冬場は寒さに負けてついつい熱めに設定してしまうので、頭皮の状態を見ながら参考にして下さい。

 

おまけ・洗顔の適温

 

洗顔の温度は42℃、38℃、32℃、冷水・・などなど諸説ありイマイチこれといった定説がありません。

 

ただ、皮脂や毛穴の性質を考えると

①.洗顔剤をつける前と洗い流すまでは35℃~38℃

②.一旦洗い流した後はお湯ではなく水でもう一回すすぐ

が最適なのではないかと思います。

 

※①で老廃物や汚れをしっかり落とした後に②で毛穴を引き締める

 

洗髪と併せてスキンケアのご参考になれば幸いです。