Spontaブログ

薬屋さんが書くブログ

RSウイルスが本当に怖い理由【乳幼児のパパママ必見】

少しずつ寒くなる日も出始め、インフルエンザの予防を耳にする機会も増え始めましたね。

大人でも重い症状が出る病気なのでお子さんも含め、予防接種やマスク、手洗いうがいなど感染対策はしっかりと行いたいですね。

 

さて、今日はインフルエンザほど知名度はありませんが年齢によっては同じぐらい怖いウイルスを注意喚起で紹介します。

この秋から春にかけて流行が予想されている「RSウイルス」のことを皆さんご存知でしょうか?

 

RSウイルスとは?

 

RSウイルスとは風邪の原因になるウイルスの1つで感染すると鼻水、発熱、咳などの症状を引き起こします。

 

なんだ、ただの風邪じゃないか!という指摘が入りそうですが・・その通り。

大人にとってはただの風邪と変わらないんです。

f:id:spontanist:20180927202750j:plain

しかも、ほぼ100%の人が2歳までに感染を経験し生涯に渡り何度も感染を繰り返します。

「あー、風邪ひいた・・」

という軽い状態が、実はただの風邪ではなくRSウイルス感染症だったと気付かず完治

している疾患なんです。

 

では何故、ただの風邪と変わらないRSウイルスに特別な注意が必要なのでしょうか?

 

赤ちゃん(生後6ヶ月以内)が特に注意

 

症状が重くなりやすい

大人に取ってはただの風邪でも体力や抵抗力の低い赤ちゃんに感染すると重病に発展する可能性があります。

 

症状が重い場合、「気管支炎」「細気管支炎」「呼吸困難を伴う肺炎」などを引き起こしてしまうのです。

※特に細気管支炎にかかった幼児は成長してから喘息を発症するリスクが上がると言われています。

 

治療法が無い

RSウイルスには即効性のある治療法がありません。

※風邪と同様に症状を軽くする投薬などで自然完治を促す治療になります。

※お子さんが生後1年以内の場合は症例がRS ウイルスによるものかどうか保険適用内で検査することができます。ただ、現状RSウイルスだと判明しても風邪と治療が変わる訳ではありません・・。

(それ以上の年齢の場合は検査も保険適用外です。)

 

具体的にどうしたら良いの?

 

2歳までにほとんどの人が感染するRSウイルスを完全に予防することは不可能です。

 

ただ、感染して症状が重篤化するリスクがあると言われているのは生後6ヶ月ぐらいまで。

この期間中に感染を防げれば怖い病気ではなく、ただの風邪です。

 

具体的な赤ちゃんへの感染予防策をまとめます。

 

1.かぜが流行している時期は、赤ちゃんをなるべく人混みに連れ出さない

赤ちゃんと出掛ける買い物は空いてる時間を狙って行く、大きいデパートなどはなるべく避けるなど、感染源と接触する機会を減らすようにする。

 

2.手洗いと周囲の除菌

一日に何度か赤ちゃんの手を洗ってあげたり、赤ちゃんが触れるものを除菌シートで拭き取るなど周囲にあるものからの感染に気をつける。

※除菌する場合は、除菌後のものを口に入れても大丈夫なようにノンアルコールのものを選ぶと良いです。

 

3.水分を気持ち多めに取らせる

大人の予防方では「うがい」が有効手段としてあげられますが、赤ちゃんはうがいができません。

うがいの目的は喉を洗うことではなく、喉の粘膜を潤して乾燥を防ぎウイルスへの抵抗力を保持することにあります。

うがいのできない赤ちゃんの場合、お腹を下したりしないよう与える量を考えながら小まめに水分を与えて喉を潤してあげましょう。

 

 

冬は大人にも子供にも病気が多くなりがちな季節で、パパやママも心労がつのる季節です。

健やかな成長を見守れるように「予防」を今一度、認知して乗り切れるように頑張りましょう。

 

【補記】

・生後6ヶ月以内の早産児(在胎28週以下で出生し、12ヵ月齢以下の赤ちゃん)、

・2歳未満慢性肺疾患を持つ幼児

・2歳未満の血行動態に異常のある先天性心疾患を持つ幼児

・2歳未満の免疫不全及びダウン症候群の幼児

 

上記に当て嵌るお子さんに限っては、感染しても呼吸器に重篤な症状が出ないよう発症を抑制できる注射薬「シナジスの投与を受けることが出来ます。

上記に当て嵌るお子さんをお持ちの場合は、担当のお医者様へ一度確認されても良いかもしれません。