Spontaブログ

薬屋さんが書くブログ

敏感肌の妻が使えるシャンプーを作ってみた①

夜は少し肌寒い日も出てきましたね。

 

乾燥肌の方は冬が近くなってくると「嫌な季節」がやってきたなと感じ始める頃ですね。

 

ブログを始めた動機の一つにも書いた「妻の手湿疹」ですが、湿気が無くなってきているせいか症状がまた酷くなってきました。

冬は毎年、見ているこちらが辛くなるほど症状が悪くなります。

 

皮膚科から処方されているステロイドに妻は強い抵抗があり、痒みで眠れない時にしか使いません。

台所仕事の洗い物はゴム手袋をしているのでまだ良いのですが、お風呂で自分や娘の洗髪に一番苦痛を感じています。

 

症状の根治にはビオチン療法を考えており先月末から開始しています。ただ、ビオチン療法はかなり時間がかかるものです。

その間だけでも手の苦痛が軽減されるものを使わせてあげたいと考えていました。

※ ↓詳しい経緯に興味を持って頂いた方は過去記事をご覧ください。

 

spontanist.hatenablog.com

 

 

spontanist.hatenablog.com

 

天然の界面活性剤のソープナッツを使ってみた。

 

まず、刺激が限りなく少ないものということで、木の実の煮汁が使えるという情報を聞きムクロジ(ソープナッツ)を試してみました。

※↓詳細記事

spontanist.hatenablog.com

 

結論から言うと、正直シャンプーとしての実用性は無いと感じました。

すごく手に優しいことは間違い無いのですが、やはり洗浄力が弱すぎます。

効果としては「湯シャン」とあまり変まりません。

 

「湯シャン」という選択肢も妻と二人考えては見たのですが、妻は女性なので匂いや汚れが残ることに抵抗を示しました。

また、7歳の娘も使うことになるので代謝の活発な娘には逆に残った汚れが原因で悪い影響があるのでは、との危惧がありました。

 

やはり皮脂のバリアを剥がさない程度の適度な洗浄力があり、皮膚に刺激が極力無いシャンプーを選ぶしかないのです。

 

シャンプーの成分について調べてみた。

 

僕は薬屋という職業柄シャンプーも取り扱うことが多いので、今一度成分について詳しく調べ直してみました。

※市販されている「低刺激」「ナチュラル」「ボタニカル」などのキャッチコピーのシャンプーは実は石油系の界面活性剤が使用されている場合が多いからです。

↓調べた詳細はこちらから

 

spontanist.hatenablog.com

 

 

spontanist.hatenablog.com

 

 

spontanist.hatenablog.com

 

 

spontanist.hatenablog.com

 

で、これを踏まえて妻や娘に使って貰えるシャンプーを選んであげようと思っていたところで急展開がありました。

 

オリジナルシャンプーが出来た。

 

仕事でお付き合いのある石鹸を製造している会社の役員の方とお話する機会があり、その時に世間話としてこの話をしてみたんです。そしたら、

 

「うち、シャンプーも作れる設備があるんで会社に在庫ある成分で良かったら作ってみます?」

 

との大変有難い提案がありました・・。

 

調べた低刺激の成分を希望として伝え、先方の在庫状況などを聞き相談しながら少量ではありますが完成したオーダーメイドのシャンプー。

 

f:id:spontanist:20180923214526j:plain

 

多少黄身がかっている理由は、なんとソープナッツをベースにして作ることが出来たからなんです!

 

先方にソープナッツの話をしたところ、粉末化したものなら在庫があるとのことだったので是非それをベースにとお願いしたのです。

 

気になっていた洗浄力は僕が提出した成分から記事にも書いたラウロイルメチルアラニンNaをソープナッツに混ぜて補いましょうと提案して貰いました。

 

親身になって作成してくれた取引先の方には感謝しかない・・・。

 

さっそく妻に使ってもらうことにします!

 

次回は使った結果のレポートを書きますので、ご興味あれば是非次回もよろしくお願いします。