Spontaブログ

薬屋さんが書くブログ

【瞳の輝きは取り戻せる】3分で分かる死んだ目の治し方講座

死んだ目をしてる。そう言われたことありますか?アラサー・アラフォーの諸氏は指摘される機会も少なくないのではなかろうか・・。今日は輝いた瞳の取り戻し方を教えるよ!

 

 

死んだ目とはどんな目? 

 

参考画像

f:id:spontanist:20180919223947j:plain

 

「死んだ目」という表現はどういう状態を指すのか、まず考えてみます。

上の画像は「死んだ目」に見えますがどうでしょうか?

 

この画像から分かることは「死んだ目」と言っても目自体の状態を差すのではなく、顏全体から伝わる生気の無さ、活気の無さから受けた印象を目立つパーツの目に託して表現した言葉なのではないかなと思います。

 

目の拡大画像だけを見比べて「生きた目!」「死んだ目!」と断定することはしないので、目そのものは余り重要ではなくやはり重要なのは顏全体の印象なんですよね。

 

死んだ目は意識すればすぐ治せる

 

つまり、顔全体の印象を少し変えることで「死んだ目」はすぐ治ります。

 

同じモデルさんの別表情

f:id:spontanist:20180919225242j:plain

 

笑ってるからじゃん、というツッコミも入るかも知れませんが笑った顏じゃなくとも良いんです。

 

f:id:spontanist:20180919225742j:plain

 

怒ってても良い!

 

3枚の写真を見比べて注目して欲しいのは頬と口元。

写真の表情は極端に作られたものですが、ここまで極端でなくても頬と口元に変化を付けたり、無表情でも少しだけ頬の筋肉に力を入れておくことで瞳の輝きは取り戻せるんです。

 

歳を取って目の輝きが無くなるのは、実際にそうなのではなく表情が乏しくなっているから。

 

日常の疲れや表情筋の衰えで頬と口元の筋肉を使わなくなるので、死んだ目状態が出来上がってしまっているんです。

 

頬と口元の筋肉の衰えは「死んだ目」のような活力の無さだけでなく、実際に顏が垂れてくる老化につながり老けている印象も与えてしまいます。

明日からちょっとだけ意識して表情を作ってみて下さい。

 

「若くなった」って嬉しいおまけの言葉もあるかも知れません。

 

番外編 死んだ目と生きた目を使い分けてモテ男になる?

 

頬と口元で目の輝きの印象が強くなっている二人の俳優さんがいます。

 

西島秀俊さんと堺雅人さん。

 

西島秀俊さんの表情の作り方はあまり頬や口元を変化させることがありません。

西島さんって「目が死んでいる」ように見えませんか?

※役柄もありますし僕はその目がクールさを演出して格好良いと思っています

 

対して堺雅人さんは常にと言って良いほど頬と口元を持ち上げ表情を作っています。

堺さんの目はいつもキラキラして見えませんか?

 

このお二人をイメージしてクールに決めたい時は頬と口元の力を抜く。

活力をアピールしたり良い人キャラになりたい時は頬と口元持ち上げる。

 

巧妙に使い分けることで男性諸君はモテ度が上がるはず!(適当)

是非参考にしてみて下さい(笑)

 

 

今日も読んでくれてありがとう!死んだ目じゃなくギラギラした生きた目で次回も見て下さいね!