Spontaブログ

薬屋さんが書くブログ

乾燥肌・敏感肌さん向けシャンプー成分講座その1【洗浄】

こんにちわ。

乾燥肌に肌荒れ、手荒れ・・シャンプー選びは慎重になっちゃう・・

そんなあなたに覚えておいて欲しいお勧めの成分を全4回に分けて紹介します!

 

f:id:spontanist:20180912154234j:plain


【ボタニカル】【オーガニック】【アミノ酸】・・・良さそうなシャンプーは沢山あるけど、選び方が良く分からん!みたいにお困りの時は目安に使って下さいね。

 

1回目の今日は主に洗浄成分のお勧めを教えるよ!買う前にチェックしてね!

 

 

 1.ラウロイルメチルアラニンNa

 

ラウロイルメチルアラニンNaは弱酸性で低刺激、かつ安全性が高いアニオン界面活性剤。

ヤシ核油・パーム油から抽出される天然由来の成分なので自然系シャンプーには多く使われています。

 

特徴は「安全性が高く、洗浄力がそこそこある」ってとこです。

このそこそこって部分、大事です。

 

石油由来のコスパが良い界面活性剤だと皮膚刺激と洗浄力が優秀すぎて本来頭皮に必要な皮脂膜まで洗い流してしまうので、乾燥肌が助長されやすくなるといったことが起こります。

※注意すべき成分については別記事作成予定です。

 

その点、ラウロイルメチルアラニンNaは植物由来で安全性が高く皮膚刺激、洗浄力はそこそこなので

【皮膚に刺激を与えず大切な皮脂膜は残したまま洗える】

を実現しやすい成分になっています。

 

※「ココイルアラニンTEA」・「ココイルメチルアラニンNa」などとも呼ばれることもありますが成分表に記載される名称は化粧品成分表示名称であるラウロイルメチルアラニンNaのはず。

 

 

肌が弱い人はむしろ洗いすぎに注意だね。洗浄はほどほどでOK!

 

2.ココイルグルタミン酸

 

グルタミン酸とヤシ油脂肪酸から構成される成分でラウロイルメチルアラニンNaと同じ低刺激で安全性が高いアニオン界面活性剤です。

 

効果も同じで、簡単に言えば肌のバリアを残しつつも脂や汚れを余分な分だけ洗い流す成分になってます。

 

 

これも自然系シャンプーや赤ちゃん用のベビーシャンプーの成分表でよく見るよ!

 

3.ラウラミドDEA

 

ヤシ油やパーム油から作られる非イオン性のノニオン界面活性剤です。

 

これは単体での働きでより1.2のような他の界面活性剤と併せて使うことで評価されているので「補助剤」のようなものと思ってください。

 

低刺激で優しい成分ばかりだと肝心の洗浄力が低すぎて「洗う」ことが出来ないシャンプーが出来上がってしまいます。

 

それを補うのがこのラウラミドDEA。

これが入ると増粘性が高くなり泡立ちと洗浄力が良くなるので、低刺激で洗浄力控えめのシャンプーの欠点を補う効果があるんです。

 

 

シャンプーには複数の洗浄成分が入ってるけどそのバランスも大事だよ!

 

 

今日は主に「洗浄力」に絞って成分を紹介しました。

次回は「保湿と補修」をテーマに紹介します。

 

また見てくださいね!

 

【追記 続きはこちら↓】

 

 

spontanist.hatenablog.com

 

天然の界面活性剤ことムクロジ・ソープナッツの実験記事 も見てね↓

spontanist.hatenablog.com