Spontaブログ

薬屋さんが書くブログ

お風呂で汗疹・肌荒れが治った!?姪っ子のお話

こんにちわ。

はたらくファーマシーです。

お盆休みも猛暑が続きましたが皆さん休みで逆にバテてないでしょうか? バーベキューや海水浴後の熱中症でダウンしている知り合いも居りますので、 みくれぐれもお気を付けくださいね笑

僕はお墓参りの為に帰省していましたが、ちょっとだけ自信を取り戻すお話が あったのでご紹介を。

 

〜小さい子のお肌トラブル〜

 

いつもお正月とお盆は従姉妹家族も僕の実家に挨拶とお墓参りをしにくるのですが、 今年の正月に従姉妹から2歳になる娘の肌がかぶれやすいと相談を受けました。 (従姉妹の娘は姪っ子ではないですが面倒なので姪っ子と書きます笑)

お風呂あがりから寝る前にかけてで自分お腹や背中を掻いたりしてかぶれに なってしまっているという話。 実際に姪っ子のお腹や背中には赤く爛れた跡が・・・。

「何か良い薬無い?」と聞かれて、僕がなんとなくオススメしたのがお風呂にビタミンCを 入れてみることでした。

なんでお風呂にビタミンC?

何故ビタミンCをオススメしたかというと、本当にたまたまその時入ってきた 新商品の入浴剤(ビタミンC配合)の効能商品説明に書いてあったからです笑

その仕様書を簡単に説明すると、

①日本の水道水は0.1mg以上の塩素を混入しないと家庭に水を供給できない法律がある。 ※これは世界で見ても高い濃度で0.1mg「以上」ってことは上限値の定めが無いんですよね・・。

②塩素には肌や髪にダメージを与える作用がある。 ※わかり易い例で言うとプールなどで泳いだ後に髪がギシつくのはそーいうことです。

③日本では外国と比べて皮膚炎の発症率が高い。生活に使う水の塩素濃度が関係している可能性がある。

ビタミンCは水道水中の塩素を中和する(無くす)。お風呂にそれを入れば皮膚症状も改善する

という内容のものです。

 

たまたまこの商品の説明を覚えていたから勧めたというのは一番の理由ですが、もうちょっと真剣に言えば リスク無くオススメできるからよいうのも大きい要因。

医薬品を扱う仕事についていると、症状にあった商品を紹介するというのは実はリスクのあることなんです。 症状の原因が特定できている訳ではないですし、体質で合わなかったり薬品によっては強い副作用が出る可能性 のあるものも少なくありません。

「かえって症状が悪くなった」 そういう可能性も考えてオススメを紹介しなければならないのです。

そういう意味ではビタミンCは普段の食事や飲み物で必ず摂取しているはずなので、それによって現状より悪化する 可能性はかなり低く、 姪っ子にも安心して使わせる ことが出来るかなと思ったんですね。

 

〜今の姪っ子のお肌〜

 

勧めた結果のビフォーアフターですが、結果から言っちゃうと改善しました。 というか、完治しました。

お正月に見た時に赤く爛れていた部分は、お盆に見せられた時キレイな子供のお腹に 戻ってました。

家族の中では信用の薄い僕ですが従姉妹には割と信用があったようで、お正月後からすぐに使い始めていたよう で使い始めからすぐ効果があったそうです。 (姪っ子が身体を掻かなくなった。)

本当にたまたまでしたが、自分が勧めたもので姪っ子が良くなったことは素直にすごく嬉しい。

 

〜試してみるなら・・〜

 

もし僕の記事を読んで試してみようかなと思う方が入れば

・ビタミンC以外の成分はなるべく入っていないもの

を選んでください。

「ビタミンC お風呂」「ビタミンC 入浴剤」で検索すると沢山の商品が出てくると 思いますが、保湿効果のある成分や香料などを多分に使っているものもあり、それが肌 に合わない方もいらっしゃいます。 試すなら無添加のビタミンCが安価でオススメです。

また、ビタミンCであれば塩素を中和できるので市販されている専用のものでなくとも レモンの輪切りやお茶っ葉をお風呂に入れても一緒の効果が期待できます。 (ただ、その方が費用的には高くついてしまいすが・・)

僕の姪っ子はこれで改善・完治しましたが、症状や病名などで有効成分は異なりますので どのぐらい効き目が出るのかは個人差があります。

ただ、安全に自信を持ってオススメできる方法の一つなのでご興味があれば是非試して みてください。