Spontaブログ

薬屋さんが書くブログ

ご挨拶

 

はじめまして。 訪問いただきまして、ありがとうございます。

はたらくファーマシーです。

簡単にプロフィールを箇条書きすると

・昭和生まれの30代 ・生まれ育ち、在住は東北 ・仕事はファーマシーの名前どおり、薬屋さんのサラリーマン ・家族は妻と子供

こんな感じです。

はじめての投稿はブログを始めようと思った理由を書きたいと思います。

 

〜どうしてブログとSNSを始めるのか〜

 

①きっかけは妻と子

 

僕の妻は元々肌が弱く(特に手)、台所仕事など水に触れる家事にはゴム手袋 常に装備してガードしながら臨んでいます。

ただ、お風呂はそういう訳にもいかずなるべく低刺激のボディソープや シャンプーを選んで沁みる痛みに耐えながら凌いでいた訳です。

※皮膚科などに通院したこともありますが続きませんでした。理由は機会あれば記事にしたいと思います。

 

ある日の夜のことです。 妻と娘のお風呂あがりの会話を聞いて危機感を感じました。

妻「○○ちゃん、そろそろ髪は自分で洗ってよ。ママ、手痛いんだから。」

娘「ママ、パパに聞いてパパのお薬貰って直せばいーじゃん。」

妻「パパなんか聞いたって分かる訳ないでしょ!だいたい、パパはね・・(以下罵倒)」

娘は僕の悪口を聞いて爆笑。

最近はパパ、薬屋って嘘でしょなんてニヤニヤしながら聞いてくる始末。

やばい、家族総出でなめられている。この家では「父親」がカーストの最下層 になりつつあるという不安が僕を襲ったのです。

尊敬される厳格な旦那・父親というのは性格的にも僕には向いていません。

 

ただ世のお父さんお母さん全員に共通することだと思いますが、自分の子供には 良いところ見せたいじゃないですか!

小さいうちだけでも「パパすごい」って言われたい。 聞こえないふりを続けながらも ちょっと頑張ってみようかなと密かに思ったわけです。

 

 

②仕事にも一生懸命で無かった

 

上記の出来事があり、娘に嘘だと疑われるような自分の仕事について働きぶり を考えました。

僕は仕事の成績は悪い方ではなく、なんとか家族が食べていけるお給金も頂いて います。それで良しとしていたんですね。

好きなことを仕事にして食べれる人は世の中でも少数です。 その少数に入れなかった僕は所詮仕事だ、食っていく為だけの手段。必要以上に 頑張らなくてもいいだろ。そんな侮りがあったと思います。

「好きなことを仕事に出来なかった人」でも「自分の仕事に誇りを持てる人」 を目指すのは決して今からでも遅くないはず。

これが僕の仕事!と自信を持てるような知識やスキルを身に付けて、せめて妻や娘 には胸を張れる仕事にしたい。いや、しよう。

 

③決心を忘れないために。

 

もっともそうな御託を並べてみましたが、目標を達成出来る人と出来ない人の 決定的な差は【継続】です。

小中学校のマラソン大会でリタイヤという選択が最良だと思い実行してきた僕 には一番縁遠いワード・・・。

情けないことに誰が見ていなくともコツコツする努力が出来ない人間です・・。

 

ここまで書くとお分かりかと思いますが「じゃあ、誰かに見てもらう努力」に してしまおうという発想です。

閲覧された方が一人でもいらっしゃれば、頑張りを見て貰えたと思いモチベーション も上がる気がします!

 

 

〜どういうブログにしていくのか〜

 

「家族に胸を張れる為に」「仕事に誇りが持てるよう成長する為に」のブログ ですが、少しでも閲覧して頂けるように自分が勉強して書く内容は読者さんにも有益 なものにしていくつもりです。

薬屋という仕事上、健康や美容に役立ちそうな情報の片鱗は各所から沢山入って くるのです。(今までは僕が怠けて掘り下げなかっただけで・・)

例えば、お墓参りの季節ですがお線香の煙ってタバコの煙より発がん性がある って知ってました?みたいな内容をどんどん発信できればと思います。 ※家族を見返したいので肌ケア的な内容が増えるかも知れません。

 

少しでも読者さんに喜んで貰えるよう継続して書き続けますので、よろしくお願いします!

After 6

After 6